「ほっ」と。キャンペーン

インド旅行記


by d4uvun4mkz

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 政府・民主党の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する企画委員会は21日、原案を固めた。昨年の衆院選で掲げたマニフェストに加え「財政健全化」や「成長戦略」などの項目を新たに加えたが、焦点の消費税増税を明記するかどうかは鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長が出席する政権公約会議に判断を委ねる方向となった。【大貫智子、高山祐】

 ◇「小鳩」が最終判断

 原案では衆院選マニフェストに掲げた▽無駄遣い(排除)▽子育て・教育▽年金・医療▽地域主権▽雇用・経済−−の5項目に加え、「政治改革」「外交・安全保障」「財政健全化」「成長戦略」の4項目を加えた。子ども手当の支給額については現行の月1万3000円から「上積みする」との表現にとどめ、同党が衆院選で掲げた11年度以降の満額支給(月2万6000円)の明記は避けた。議員定数の削減については「衆院80、参院40程度」と明記。企業団体献金とパーティー券購入の禁止も盛り込んだ。

 財政健全化を巡っては企画委は「11年度以降の予算編成は10年度の新規国債発行額(44.3兆円)を上回らないことをベースとする」との方針を確認した。しかし、消費税については「次期衆院選後に税制抜本改革を行う」との方向性は一致したものの、「消費税増税」を明記するかは結論が出ていない。

 「消費税増税」明記に積極的な菅直人副総理兼財務相や仙谷由人国家戦略担当相は連携を強めている。玄葉光一郎衆院議員も26日、党内の議員による「国家財政を考える会」をつくり、菅氏らの路線をバックアップする構えを見せている。中堅衆院議員は「『ポスト鳩山』に菅氏や仙谷氏の名前が挙がり、本人たちもその気になっている」と指摘。参院選後に向けた布石との見方も広がっている。

 これらの動きに対し小沢氏は「財務省の言いなりになっている」(周辺)と批判的だ。改選を迎える参院議員から「消費税増税を明記すれば選挙は不利になる」との懸念も出始めており、小沢氏側近の高嶋良充参院幹事長は「予算の全面組み替えをやる前に消費税うんぬんというのはいかがか」とけん制している。

 ◇主な内容◇

・子ども手当はすでに支給している月1万3000円から上積みする。上積みは地域の実情に応じ、保育などの現物サービスにも代えられる

・高速道路の原則無料化を段階的に実施

・農家の戸別所得補償は11年度からの本格実施を目指す

・衆院80、参院40程度議員定数を削減する

・企業団体献金の禁止

・国会議員歳費の削減

・選挙運動の原則自由化

24歳夫婦、生後数か月の長女を暴行・重傷(読売新聞)
光ケーブル5社、カルテルで課徴金160億円(産経新聞)
選挙期間中のHP、ブログ更新OK…与野党合意(読売新聞)
普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」(産経新聞)
学校給食はワンダーランド 「焼きそばと生クリームパン」「うどんとたこ焼き」(J-CASTニュース)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-05-28 18:32
■臨海部活性化へ立案

 大阪市は14日、大阪府が購入を決めた市の第三セクタービル「大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC、住之江区)のある臨海部の活性化に向けて、府と市の政策立案組織「夢洲・咲洲地区活性化共同チーム」を7月1日に設置すると発表した。「大阪都」構想を提唱する橋下徹知事との対立を深めている平松邦夫市長は「実動部隊が一緒に仕事をすることで府市協調の具体的な姿をみせたい」としている。

 共同チームは昨年12月、平松市長が設置方針を表明。WTCビル23階に設置し、市と府から各3人の専従職員を派遣するほか、市は9人の兼任職員を置く。企業誘致策の検討や国際見本市機能の強化、まちづくりのイメージづくりなどを担当するという。

【関連記事】
橋下知事、3年で新党結成 可能にした理由とは?
分裂3度目、自民府議3人離脱 「橋下新党」に含み
「伊丹廃港考える」決議が可決へ 大阪府議会
橋下知事、「東京には行きたくない」熊本知事との意見交換で
悩む大阪府議たち 選挙対策が先か、政治信条が先か
少子化を止めろ!

奇妙な海の動物群、繁栄続く=約5億年前の化石発見−モロッコ(時事通信)
政策、理念は置き去り…参院選候補、民主、自民など各党とも著名人頼みの傾向(産経新聞)
国会法成立、今国会断念へ 小沢氏示唆(産経新聞)
<川渡り神幸祭>貴乃花親方も参加、盛り上げる 福岡・田川(毎日新聞)
全裸状態の女性の遺体を鶴見川で発見、水に沈むような細工、死体遺棄事件として捜査/横浜(カナロコ)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-05-20 07:42
 「YOU THE ROCK★」の芸名で活動していたヒップホップアーティストで、大麻取締法違反(所持)に問われた竹前裕被告(38)(東京都目黒区)の判決が12日、横浜地裁川崎支部であり、阿部浩巳裁判官は、懲役8月(求刑・懲役1年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると竹前被告は2月10日、東京都目黒区の自宅マンションで、乾燥大麻約1・77グラムを所持した。

<普天間移設>平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ(毎日新聞)
“横粂バッシング”が過熱…小沢氏辞任要求に「新人議員が何を言う」(スポーツ報知)
【新・関西笑談】「カリスマ」のつくり方(1)モデル SHIHOさん(産経新聞)
バテレンが天ぷらに使った?オリーブ油の壺出土(読売新聞)
GWの高速、今年も大渋滞=アクアラインは「800円」効果−道路各社まとめ(時事通信)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-05-12 23:16