インド旅行記


by d4uvun4mkz

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 独立行政法人を対象にした事業仕分け第2弾が23日、スタートした。会場となった東京都中央区の貸会議場では傍聴席が満席になり、立ち見が出るなど関心の高さは相変わらず。天下りや丸投げなど独法批判は根強く、仕分けられる独法側は“戦々恐々”で、公用車廃止など自ら無駄削減を進めたり、担当者の打ち合わせを繰り返したり、「仕分け人対策」に懸命だ。

                   ◇

 ■「今、実施するのは内閣の点数稼ぎ」

 会議場に用意された傍聴用の計240席は瞬く間に埋まり、入りきれなかった100人以上が中継のモニター画面を見つめた。

 注目の的となったのは、歯にきぬ着せぬ質問で名をはせる蓮舫参院議員。昨年11月の事業仕分けでは、文部科学省の説明に割って入ろうとした独法役員を「あなた誰? だまっててください」と一蹴(いっしゅう)してみせた。

 今回は昨年と比べ、説明者を詰問するようなやりとりは減ったが、相変わらずの追及ぶりを発揮した。

 国際協力機構の剰余金などをめぐっては、「キャッシュで見つかったんですか」「こういうお金をどう使うんですか」と穏やかな口調ながら厳しい質問を浴びせ、要領を得ない説明には「分かる人に答えていただけますか」と畳みかけた。

 「蓮舫さんを見てみたかった。次の面接の話題にもなるかも」と話したのは、就職活動の面接帰りという慶応大4年の町田周陽さん(22)。

 さいたま市の会社役員、海老原洋さん(44)は「こう突っ込めば良いのにという場面もあった」と不満そうで、「去年に比べてパフォーマンス的なやりとりは少なかったが、今仕分けをやること自体が鳩山内閣のパフォーマンスではないか」と話した。

 「不安になって見に来た」と話したのは、ラフな格好で訪れた農林水産省の男性官僚。「月曜日に事業仕分けの対象になる。事務方は不安を抱えているので敵情視察」と漏らした。

 午後の仕分け開始前には、スタッフが一般傍聴席に座っていた省庁関係者に退席を求める場面があり、これを見た女性傍聴者から「2時間も待ったのに」「関係者が席取りするなんて」と怒りの声が上がった。

                   ◇

 ■研究費温存へ先手 公用車全廃

 これから事業仕分けを受けて立つ法人側には、危機感と無力感が交錯する。

 26日に事業仕分けを控える科学技術振興機構(埼玉県川口市)は昨年11月の事業仕分け第1弾後、北沢宏一理事長の指示で、6台あった公用車を今年度から全廃した。年間4千万円の削減で、理事長は現在、地下鉄などで本部に通う。

 「昨年の事業仕分けで科学技術分野への風当たりの強さを感じた。やるべきことはやり、えりを正さなければ理解は得られない」(機構職員)と自主的“仕分け”を行ったという。

 昨年の事業仕分けでは、学校での理科実験サポートなど2事業が「段階的廃止」に追い込まれた。今回は、いよいよ“本丸”の研究費の是非が議論される。「研究は一度中断してしまえば再開は難しい。“背水の陣”で挑む」と話す。

 東京・上野の国立科学博物館は26日の事業仕分けに向け、資料作成などに余念がない。「事業仕分けは公開裁判。誤解のないよう説明しなければ」。

 19日には蓮舫氏ら3議員が羽田空港の格納庫に同館が所有する旅客機「YS−11」の視察した。同機体は戦後に作られた国産第1号機。歴史的価値は高いが、展示スペース不足で格納庫に“塩漬け”になっている。「プロペラもまだ動く。保存に理解を示してもらいたい」と訴える。

 一方では、あきらめムードも広がる。28日に事業仕分け予定の日本原子力研究開発機構は「いまからできることはなく、『言うべきは言う』ほかない」。水資源機構では「常にコスト削減はしているので…」と言葉少な。また、同じく28日に予定される国民生活センターは「仕分けに関する取材にはお答えできません」とぴりぴりムードだった。

米国に「赤い靴の女の子」像設置=横浜〔地域〕(時事通信)
元大和郡山市議、詐欺事件で無罪 奈良地裁「被害者証言に疑い」(産経新聞)
「長距離走者の孤独」アラン・シリトー氏死去(読売新聞)
応募者増加率、過去最高=民間採用抑制が影響−国家公務員I種(時事通信)
AED 救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-04-26 21:17
 千葉県警松戸署は15日、警視庁蔵前署の警務課長代理、斉藤順一容疑者(58)=千葉県白井市堀込=を強制わいせつ容疑で再逮捕した。松戸署によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は3月9日午前7時20〜30分ごろ、青砥−押上駅間を走行中の京成本線上り電車内で、女性(23)の下着の中に手を入れ、下腹部を触ったとしている。斉藤容疑者は同月26日、同じ女性に対する県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で現行犯逮捕されていた。【西浦久雄】

【関連ニュース】
盗撮:駅で女性のスカート内 JR運転士逮捕…千葉
児童ポルノ:男児専門サイトを摘発 主宰の男ら逮捕
中尊寺:僧侶逮捕 女子高校生にみだらな行為した疑い
強制わいせつ:容疑の消防士逮捕 夜行バス車内で女性触る
強制わいせつ:消防士を逮捕 バス車内で女性の足触り

普天間、強気で対米交渉を=国民新・亀井氏(時事通信)
初代つばさラストラン 国内初の“ミニ新幹線”(産経新聞)
激甚災害に指定=チリ大地震の津波被害で−政府(時事通信)
日韓議連の新会長に民主・渡部氏(産経新聞)
家庭の省エネ診断 訪問やネットでお気軽に(産経新聞)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-04-22 15:40
 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで2008年7月、女性2人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた無職菅野昭一被告(35)の控訴審判決が14日、東京高裁であった。

 植村立郎裁判長は、「被告に精神の発達の遅れがあったという事情を酌むべきだ」と述べ、求刑通り無期懲役とした1審・東京地裁立川支部判決を破棄し、懲役30年を言い渡した。

 判決は1審と同様、菅野被告の完全責任能力を認定したが、「2人以上の殺害を計画していたとは認められず、動機や計画性に無期懲役が当然と言えるほどの事情はない」と指摘した。

 判決によると、菅野被告は08年7月22日、駅ビルの書店で、アルバイト店員で中央大4年斉木愛(まな)さん(当時22歳)の左胸を包丁で刺して殺害。この直前にも女性客を切りつけ、重傷を負わせた。

住友電工など4社に排除命令へ=課徴金、史上2番目160億円−光ケーブルカルテル(時事通信)
民主、桂きん枝氏を擁立へ 参院選比例(産経新聞)
新党 「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も(産経新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-04-20 07:23
 鳩山由紀夫首相は7日午前、米政府が非核保有国を核攻撃しない新戦略を発表したことについて「オバマ米大統領が『核のない世界をつくりたい』と昨年プラハで演説した方向に向けたまさに第一歩だと思い、評価したい。大変正しく、核を持つ最大の国がそのような意思表示をするのは、大変勇気づけられる話だ」と歓迎する意向を示した。首相公邸前で記者団に語った。

 岡田克也外相も同日、評価をしたうえで「米国は同盟国が危機に直面することはないと断言している。核の傘ということでは戦略核がきちんと果たしている」と述べ、「核の傘」を含め、米国の抑止力は維持されるとの見方を示した。また、「北朝鮮は明らかに核拡散防止条約(NPT)から外れているから、核保有国とみなされてもやむを得ない。認められるためには核廃棄する必要がある、と米国ははっきり示したと思う」と語った。【吉永康朗、青木純】

【関連ニュース】
核安保サミット:幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?
鳩山首相:6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談
普天間移設:結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言
鳩山首相:マニフェスト修正に前向き
鳩山首相:連合会長と「政府・連合トップ会談」

園田氏らの退会了承=自民・古賀派(時事通信)
収納ケース内女性遺体 殺人容疑で女を再逮捕「殺していない」(産経新聞)
携帯かゆみ・虫刺され薬「プチウナコーワα」を新発売―興和(医療介護CBニュース)
「県外移設」切り札徳之島 住民、町長、知事に「総スカン」(J-CASTニュース)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-04-13 15:15
 将棋の清水市代女流王位・女流王将(41)がコンピューターソフトと対局することが2日、日本将棋連盟から発表された。

 社団法人情報処理学会から挑戦状を叩き付けられた米長邦雄・連盟会長が「いい度胸だ」と受けて立ったことで実現した大一番。女流タイトルホルダーとしては史上初めて精密機械の頭脳と対決する清水2冠は「人には(コンピューターにはない)熱い心がある。魂や、見ている人の思いが勝負に影響すると思います」と語り、必勝を誓った。

 対局は今秋を予定。平手での真剣勝負となる。

 ◆女流棋士会がファンクラブ
?〇…女流棋士会がファンクラブ「駒桜」を創設したと発表。年会費5000円で会報の送付や就位式への招待などの特典を受けることができる。矢内理絵子女王(30)は「ファンの皆さんとお会いする機会を増やし、女流棋士会を盛り上げる場になれば」と語っていた。

 【関連記事】
清水女流2冠がコンピューターと将棋対決
中さんは3位…将棋
甲斐女流2段が先勝…将棋
里見女流名人CMデビュー!人気将棋漫画のCMで
清水市代 女流王位 女流王将 を調べる

「鳩山さんを実力あるように見せたかった…」虚偽記載の動機語る 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
学生の「代返」と違う…若林氏行為に仙谷氏(読売新聞)
<金沢女性遺棄>遺体は行方不明の30代韓国人女性か(毎日新聞)
高速無料化案 8割が「公約違反だと思う」(産経新聞)
自民、5月決着先送りなら首相退陣を=普天間で与野党幹部が論戦(時事通信)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-04-08 16:16
 脂肪燃焼や血糖値低下を促すホルモン「アディポネクチン」に、運動したときと同様の効果を体内で起こさせる機能があることが、東京大などのチームの研究で明らかになった。1日の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。

 研究チームは、アディポネクチンが結びつくたんぱく質が働かないマウスを作り、正常なマウスと比べた。たんぱく質が働かないマウスは血糖の取り込みや脂肪燃焼のほか、持久力を生む筋繊維を作り出すきっかけになる物質の量が減り、その働きも低下していた。チームは、アディポネクチンが結びつくたんぱく質には、血糖値を下げるインスリンを効きやすくし、脂肪を燃焼させ、有酸素運動で欠かせない持久力を生む筋繊維を作る機能がある、と結論付けた。

 研究チームの門脇孝・東京大教授(糖尿病学)は「糖尿病患者の細胞では、アディポネクチンが結びつくたんぱく質が減っている。このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
サリドマイド:奇形引き起こす仕組み解明 東工大と東北大
ハンチントン病:遺伝子治療、マウス実験で成功−−異常たんぱく質減少
サリドマイド:たんぱく質の働き阻害 東工大など、奇形化の仕組み解明
挑戦のとき/12 北海道大電子科学研究所教授・永井健治さん
健康ナビ:コラーゲンは肌に効くの。

深剃りの秘密を大公開!写真で見る、パナソニック「メンズシェーバー・ラムダッシュ」
あなたはどうして痩せたいのですか? みんなの減量目的は...
一部保有のホテル、資産報告書に不記載…小沢氏(読売新聞)
チューリップまた切られる=さらに900本、花博記念公園−大阪(時事通信)
関東で暴風、6人が負傷…空と陸の足に乱れ(読売新聞)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-04-05 14:36