インド旅行記


by d4uvun4mkz

無期懲役を求刑へ=検察側「死刑回避理由ある」−2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)

 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長石谷英夫さん=当時(82)=ら2人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた元部下の影山博司被告(55)の裁判員裁判の第4回公判が26日、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれた。検察側は無期懲役を求刑する見通し。
 この日は3回目の被告人質問を実施。検察側の論告求刑、遺族の量刑意見、弁護側の最終弁論を経て結審する。午後から裁判員6人と裁判官3人が非公開で評議し、判決は3月2日の予定。
 検察当局はこれまで、複数が殺害された強盗殺人事件の判例を検討。影山被告について、死刑求刑の回避理由があると結論付けた。一方で、法定刑を下回る有期懲役に減刑する事情はないとし、無期懲役の求刑が妥当と判断したもようだ。
 公判は強盗目的で2人を殺害したかが争点。検察側は、石谷さんへの恨みに加え、石谷さんの預金を得て事務所の資金に充てた自分の借金を返済する目的があったと主張した。
 影山被告は「2人への不信から追い詰められ、逃れたい一心でやった」と述べ、預金引き出しは殺害後に考えたとした。 

武田信玄像は別人? 代表的肖像画めぐり真贋論争(産経新聞)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(5)(産経新聞)
<病児保育>補助金、地域に応じた見直し検討 厚労政務官(毎日新聞)
問題推察も、後期の解答用紙誤配布…北九州市立大(読売新聞)
「医療広告ガイドライン」Q&Aに事例追加(医療介護CBニュース)
[PR]
by d4uvun4mkz | 2010-03-01 03:55